建物外壁改修・補修工事専門店「東北建設職人UNION」

株式会社ケンジン
〒981-3124 仙台市泉区野村字新平山1-2 M-FACTORY 2F

発注までの流れ

お問合せ

外装劣化診断士・外壁診断士による現地調査

診断報告書提出

施工方法打合せ・カラーシュミレーション

見積書提出

受注

工事→工事完了後は施工記録・保証書をプレゼント。
1年毎の点検などアフターフォローも万全です!

弊社の工事は、以下のように対応してまいります

シーリング工事
シーリング工事とは、建物の外壁の隙間をシーリング材で埋める工事です。この他、サッシ等の金具と外壁の隙間などにも施工されます。シーリングをする目的は、隙間から侵入する「雨漏りを防ぐ防水性」と、地震などにより建物が揺れた際に「伸縮性により建物を守る耐震性」にあります。シーリング材の種類も非常に多く、適切な材料選定も重要になります。資格としては、国家資格である技能検定制度の一種で、防水施工技能士(シーリング)があります。
防水工事
防水工事とは、シーリング工事と同様に建物の雨漏りを防ぐためにあります。主に、屋根やバルコニー部分に施防水など様々で、建物の種類や施工場所によって決めます。資格としては、国家資格である技能検定制度の一種で、防水施工技能士(ウレタンゴム系塗膜防水、セメント系防水、etc..)があります。
塗装工事
塗装工事とは、一般の住宅やマンションなどの建設において、最終の仕上げ段階に登場するのが建築塗装です。建物の屋根や外壁、窓枠、雨樋をはじめ、内壁や建具などに塗料を塗り、最終仕上げを担当します。資格としては、国家資格である技能検定制度の一種で、塗装技能士があります。
タイル工事
タイル工事とは、床や壁の仕上げにタイルを貼る工事です。工事の代表的な例としては、キッチン、浴室、その他内装の床や壁、外壁等があります。資格としては、国家資格である技能検定制度の一種で、タイル貼り技能士があります。
下地補修工事
下地補修工事とは、建物の改修などの際、塗装や防水などの施工をする前に塗面を補修する工事です。コンクリートのはがれ・欠損や、外壁のひび割れ部分等を新しいものに替えて補修をしていきます。塗装のような仕上げ工事ではありませんが、建物の寿命(耐久性)を左右する重要な工事です。資格としては、国家資格である技能検定制度の一種で、樹脂接着剤注入施工技能士があります。
左官工事
左官工事とは、土やモルタルなどの素材を用い、コテを使って建物の壁や床を塗り仕上げる工事です。塗装やタイルの下地塗りを始め、コンクリートの土間打ち、階段の仕上げ塗りまで、さまざまな施工があります。最近は、珪藻土(けいそうど)・漆喰(しっくい)・土などの自然の素材を用いた環境にやさしく、職人の手仕事で表現される壁が再びクローズアップされています。資格としては、国家資格である技能検定制度の一種で、左官技能士があります