建物外壁改修・補修工事専門店「東北建設職人UNION」

株式会社ケンジン
〒981-3124 仙台市泉区野村字新平山1-2 M-FACTORY 2F

建設職人日記

【施工事例】商業店舗運営会社様 外壁改修工事

2018年9月25日

皆さんこんにちは。
地元宮城仙台の建物を支えるべく、
外壁改修工事を高品質・適正価格で施工。
匠の技術が集う東北建設職人UNIONです。

 

本日は、代表理事の渡部がお送り致します。

 

久し振りの
ブログ更新となってしまいました。

 

最近ですが、有難い事に多くのお客様から
工事の問合せがあり、建設会社様をはじめ、
一般の法人様や個人のお客様など、様々な
お客様から外壁改修工事のご依頼があります。

 

そこで今回は、現在工事中でもある
商業店舗運営会社様の店舗外壁改修工事の
施工事例をご紹介いたします!

 

その建物がこちら!
4階建ての大規模な店舗です。

 

外壁は全面タイル張りとなっており、
お客様が長年悩まされていたのが、
日常におけるタイル脱落です。

 

通行人も多いので、最上階である4階付近で
落下したタイルが人に当たってしまったら
大事故になる可能性もありますよね。

 

また今回は、工事前の段階において
立体駐車場の開口部など、手が届く限りの
場所は全て打診検査によるタイル浮きの
チェックも無償で実施いたしました。

 

そこでわかったのが、全体的にタイル浮きは
少なく、集中して外壁角部のタイルに
浮きが発生しているという事でした。

 

理想は、全面的な大規模外壁改修工事が
望ましいのですが、ご予算を抑える為に、
また重要度と緊急性の高い場所を先行して
工事をする為にも、今回は角部に限定した
第一期工事をご提案いたしました。

 

東北建設職人UNIONでは、工事の大小に
関係なく全てのお客様にご提出しているのが
「外壁劣化診断ご報告書」です。

 

また、
お見積書に沿った「工事内容ご提案書」まで
全て無償でご提出しております。

 

今回は、上記資料を用いてコストを最低限に
抑えながらも重要度の高い工事を進められる
最適な外壁改修工事をご提案したことで、
無事採択をして頂きました。

 

商業店舗運営会社様、
ありがとうございます!

 

また、まさに現在工事中ですが、
足場上での外壁詳細検査にて
タイル脱落原因も発覚いたしました。

 

改めて考えさせられたのですが、
工事完了がゴールではなく、お客様の
立場で見るとここからがスタートですよね。

 

やはり、工事後も不具合の発生しにくい、
安心安全な設計施工が必要です。

 

工事詳細のご説明もしたいのですが、
続きは次回のブログで!

 

最後までお付き合い頂き、
ありがとうございました。
次回もお楽しみに!

 

建物外壁改修・補修工事専門店
「東北建設職人UNION」