建物外壁改修・補修工事専門店「東北建設職人UNION」

株式会社ケンジン
〒981-3124 仙台市泉区野村字新平山1-2 M-FACTORY 2F

建設職人日記

スタッフ自己紹介 Vol.03

2018年2月1日

皆さんこんにちは。
地元宮城仙台の建物を支えるべく、
外壁改修工事を高品質・適正価格で施工。
匠の技術が集う東北建設職人UNIONです。

 

本日は、スタッフの渡部 勇樹が
お送りします!

 

今回は自己紹介なので、
私のことを分かりやすく
ご紹介できればと思います!

 

私の生まれは仙台で育ちも仙台です。
明成高等学校のIT科を卒業し、
母体であるワタナベシーリング㈱に
入社し、東北建設職人UNIONの
スタッフになりました。

 

正直なところ、IT科を卒業したのに、
ITとは関りがあまりない建設業界に
なぜ飛び込んだのか、
自分でもわかりません(笑)。

 

当時は現場に入ったことも
なかったので、恥ずかしながら
仕事内容等は把握していませんでした。

 

ただ、学生から社会人になる!
という事で、自分も毎日精一杯頑張ろう!
という思いは持っていました。

 

そして、初仕事の日。
最初はどのように作業していくのか
教えてもらい、見て覚える。
正直、簡単そうだなと思いました(笑)。

 

そして、実際に自分が作業する日。
いざ自分がやると全くできない。
そして先輩に迷惑を掛けてばかりで、
自分は役に立ちませんでした。

 

建設職人という仕事は、
技術が必要な仕事だということを実感し、
成長できない自分に毎日悩んでいました。

 

ある日、先輩が夜に食事に誘ってくれて、
自分の悩みを聞いてもらい、
「建設職人は、やりがいある仕事」と、
出来る事が増えていけば、楽しくなると
アドバイスを頂きました。

 

その言葉をバネに、諦めずに仕事に
打ち込み、自分なりに一生懸命に
頑張ろうと精進してきました。

 

それから、2年…。

 

まだまだ先輩と同じように作業が
できるわけではないのですが、
先輩からもらったあの言葉、

 

「建設職人はやりがいのある仕事」

 

本当にその通り。
昔はただ何となく作業していましたが、
今ではとても魅力的な仕事だと感じられ、
毎日が楽しいです。

 

この仕事は、成長が肌で感じられる。
そして、成長したことにより、
綺麗な仕事ができるようになる。
綺麗な仕事をすればするほど、
お客様が喜んでくれます。

 

この仕事は成長するにあたって、
限界はないと思っています。

 

なので、毎日、綺麗な仕事をして、
常に技術力を磨いています!

 

東北建設職人UNIONのスタッフとして、
自分も必要な存在でありたいですし、
自分自身も建設職人の一人として、
お客様に喜んでもらえる仕事をしたい!

 

その為にも、
先輩方から技術・知識を学び、
自分自身もっと成長していけるよう、
精進してまいります!!

 

以上、渡部 勇樹でした!

 

ここまでお読み頂き、
ありがとうございました!
次回もお楽しみに!

建物外壁改修・補修工事専門店
「東北建設職人UNION」